家が抱えている問題の2つ目

前回は、住環境と病気には深い関係があると言うお話でした。
家を快適な環境にすると病気を防ぐ事ができます。
今日は前回の続きで家が抱えている問題の2つ目、『家の間取り』です。

昔は子供部屋などもなく田の字型で、ふすま一枚で全部繋がっているような家ばかりだったので、今のような個室はありませんでした。
それが戦後、プライバシーを重視した家になりました。
個々の独立した部屋とLDKというプラン。
しかもそれぞれの部屋が狭くて、密閉された空間です。
だから、窮屈で精神的な圧迫を受けているんです。

睡眠が充分にとれない家って結構あるんです。
食事をとらないと体が動きませんよね?
同時に、充分寝ていないと疲れが取れません。
だから頑張って働こうという気持ちにならないんです(>_<)

3つ目の問題は、『住環境』です。
どういう環境が一番熟睡できるんでしょうか?
参考になるのが高級ホテル。
一泊1万位ではなく、5万位するホテルです!
そういうホテルに泊まると、とても快適に眠る事ができます。
ベットはもちろん、音も照明もそうです。
遮音性に優れているので静かですし、カーテンを閉めれば真っ暗になります。
"真っ暗で音がしないこと"
これが快適に眠るための条件です。

自宅でも工夫すればできますよね( ^o^)ノ
音がするのなら耳栓をする。
暗くしたいのであればアイマスクをする。
そうすれば爆睡できる環境になり、ゆっくり休憩が取れるので病気になりにくいんです。

先日も少し触れましたが、音とか日当たりとか臭いとか風通しとか。
これらの事に気を付けて考えてください。

日当たりや風通しは皆考えます。
しかし、臭いとか、音とかいうのは案外気にしないようですね。
実は、そういう事がストレスの原因になっているんです。
一日中、騒音がしてたらやっぱり落ち着かないですし、安らげないですよね。

それから、最近の家は、日本の気候に強制的に対処する家になっています。
寒さ・暑さや湿気対策は機械が行っています。
日本は、特に湿気が多いので、湿気対策は自然にできるほうが良いですよね!
その点、昔の家はそれができていました。
自然に、柱や壁や天井が湿気を吸ったり吐いたりしていました。
そういう家だと病気も起こりにくいんです。
しかし、強制的に機械が湿気の無い環境を作るから、他に影響が出るわけです。

続きはまた次回!お楽しみに(・ω・)★
趣があり暮らしやすい家【内観①】.jpg

家と病気の因果関係

前回まで、失敗しない住まといづくりの5つのポイントについてお話ししました。
今日は、家と病気の因果関係についてお話します♪

実は、住まいは病気とすごく関係があります。
住まいが原因の病気というと、シックハウスを思い浮かべると思います。
しかし、シックハウスはほんの一部で、もっと大きな問題があるんです。

ところで、戦後最大の欠陥商品といえば何でしょう?

住まいの話をしているので想像が付くと思いますが、最大の欠陥商品は、『家』なんです。

その大半は、ハウスメーカーと国の政策にあります。
日本は戦後、焼け野原になり住むところがありませんでした。
ですから、早く沢山の家を用意しなければいけなかったのです。
それで、プレハブ式の住宅が開発され、それを政府も後押ししてきたわけです。
いかに早く大量に家を供給するかが最大の課題でしたので、そういう点においては目的を果たしました。

しかし、一方で沢山の問題も起きました。
その一つが病気です。

さて、病気というと、興味深い話があります。

あなたが初めての病院に行ったとします。
その時、医者はどんな質問をしますか?
おそらく、
『どうされましたか?』
って日本では聞かれますよね。

しかし、スウェーデンの医者は、どうしましたか?とは聞きません。
『あなたはどんな家に住んでいますか?』
これが最初の質問です。

なぜなら、その人の住環境が分かると、病気の原因が分かるからです。
例えば、日当たりが悪い、風通しが悪い、狭い、不衛生、悪臭がする、騒音がする。
こういう家に住んでいたら、元気な人でも病気になりますよね。
だから病気というのは、医者に行く前にすべきことがあるわけです。
多くの原因が建物に起因しているからです。

さて、病気を引き起こす家が抱えている問題は3つです。
まず、使っている建材です。
問題を起こしている建材は、ほとんどが工業製品です。
塩化ビニールのクロスなど、石油を原料としている製品です。
接着剤も有害部室を含んだものが多いですね。
こうした工業製品の建材が、身体的、精神的な病気を起こして居るんです。
これが一つ目の問題です。

次回は2つ目の問題です。お楽しみに(・ω・)★
趣があり暮らしやすい家【内観②】.jpg

失敗しない住まいづくりの秘訣5つ目

皆さんこんにちは(・ω・)松永建設です!

今日は5つ目のポイント、相談相手です。

家は大きな買い物です。

自分一人で決定するのは難しいので誰かに相談します。

その相談相手は、おおまかに言って3つあります。

1つ目は、もちろん建築の専門家であるハウスメーカー、工務店、設計事務所などです。
それから2つ目は、金融機関や自治体などの公の機関です。
3つ目は、家を建てたことのある友人知人です。

それぞれ、一長一短あります。

例えば1つ目の業者である専門家。
最も大きな問題は、最初から答えが決まっている事です。
それは、私に頼むのが一番いいという結論です。
他社を勧めることは、まずありません。
ですから、相談しても他の選択肢が無いんですから、相談にならないんです。

2つ目の金融機関や自治体。
これは、第三者で利害関係が無いので良さそうに思うんですが、いい加減です。
なにがいい加減かというと、責任を持たないことです。
金融機関はお金を貸す事が目的。
自治体は業務として相談に乗っています。
例外はありますが、親身になって最後まで責任を持って相談に乗ってくれる人はいません。
そして、特定の建設会社についての判断はしません。
さらに、彼らは建設のプロじゃなく素人です。

3つ目の相談相手である知人友人も、2つ目と同じ建築のプロじゃない素人です。
1回経験しただけになります。
特に専門的な知識を持っているわけでもなく、正しい判断が下せた訳でもありません。
ほとんどは、感情的な物で判断しています。
「この営業マンは感じが良かった」
「ここは親切だった」
など、そういう基準で決定している訳です。
しかもその人の価値基準での話です。

スポーツカーが欲しい人が、スポーツカーを買った人に相談ならまだ良いです。
でもスポーツカーを望んでない人に、スポーツカーについての相談の必要はありません。
ワンボックスカーが欲しいんだったら、ワンボックスカーを買った人に相談しなければいけません。
そうでない人に聞いても、相談にならず正しい判断は下せないわけです。

だから、相談相手を間違えば、悪い結果を招く事になります。

じゃあ誰に話せば良いのか?

それは、このシリーズの最後にお話しますね( ^o^)ノ

次回は病気と家の不思議な関係というテーマでお話します。
お楽しみに(・ω・)★
薪ストーブが似合う木の家【外観】.jpg

K様邸 お引き渡し

先日、K様邸のお引き渡し式を行いました\(^_^)/
「テープカット」
K様邸.JPG
「鍵受け渡し」
K様邸 引き渡し.JPG
ビックキーを持っていただき記念撮影♪

改めましてK様ご新居おめでとうございます!
そして、ありがとうございました。
ご新居でも沢山素敵な思い出作って下さい(*^-^*)
今後とも末永いお付き合いよろしくお願い致します。

失敗しない住まいづくりの秘訣4つ目

皆さんこんにちは(・ω・)松永建設です!

前回は毎日楽しく暮らせ充実した生活を送るために、夢を実現させる家づくりをしてくださいとお話しました。

今日は4つ目のポイント、「情報」です!

現代は情報過多の時代です。
入ってくる情報の中には、間違ったものが沢山あります。
だから、取り入れる情報の質を吟味しないといけません。

情報は自分で選んでいるつもりでしょうが、住宅情報は強制的に入ってきます。

折り込みチラシや新聞広告がそうです。

住宅情報誌は、ほとんどが記事に見せかけた広告です。
ですから、その記事が堤灯記事かどうかを確かめなければいけません。
(堤灯記事:その記事元を持ち上げるために書かれた記事に対する呼称)

そして、自分に必要かどうか判断する基準を持たなければいけません。

全てを取り入れてしまうと頭が混乱して、正しい判断が下せなくなります。

以前車の例を出しました。

スポーツカーにはスポーツカーの特徴があるわけです。
スピードが出るとか、加速感があるとか。
ワンボックスカーは、大勢で遠出ができるとか、ゆったりとした空間だとか。
乗用車だったら乗り心地がいいとか・・・。

しかし、この全てを満たす車はありません。
だから、自分の価値観によって選択する車は違います。

家も同じです。

まず、自分は何が欲しいかを知ることです。

そうすれば、情報は必要な物だけを取り入れるようになります。

そして、取り入れた情報の質をよく吟味すれば良いんですね!

情報は質だけではありません。

取り入れる情報の量も重要です。

以前、私が30社調べたといいましたが、圧倒的に少なかったんです。
970社は調べなかった訳ですから、量も大事なんです。

特に表に出てこない、自分が知りえない情報をいかに取得するかが問題です。

その中に、大事な情報やお得情報があります。
だから取り入れる情報の質と量をよく考えてくださいね(*^O^*)

次回は5つ目です!お楽しみに(・ω・)★
薪ストーブが似合う木の家【内観②】.jpg

失敗しない住まいづくりの秘訣3つ目

皆さんこんにちは(・ω・)松永建設です!

前回は、失敗しない住まいづくり5つの秘訣のうち2つ目をお話ししました。

今回の3つ目のポイントは、目的を間違わないことです。

家を建てること自体が目的にならないようにして下さい。
家を建てる目的は生活を楽しむことです。

生活の楽しみ方は、それぞれの価値観で変わってきます。
ですから、あなたの価値観で家を建てて下さい( ^o^)ノ

今までで一番極端だったのが、ドーム型の天体観測所を作った家です。
場所は田舎ですが、真っ暗になる訳ではないので、
「そんな所に作っても星見えるのか」・・・
という話なんですが、その人にとってはそれが小さい頃からの夢でした。
仕事を終え、自宅で優雅に星を見ることが、彼にとっては一番大切なことなんです。

問題は、配偶者をどう納得させるかです。

だって何百万円も余計にかかる訳ですし、奥さんにとっては星はどうでもいい話です。

さて、どのように説得したと思いますか?

説得材料は2つあります。

1つ目は、それによって毎日一生懸命働き、まっすぐ家に帰ってくるんだったら安いということ。

2つ目は、奥さんの夢も叶えてあげることです。

ちなみに奥さんの夢は、とにかく広いリビングが欲しいということでした。

ですから、その家は広いリビングと天体観測しかない家になりました。

でもその夫婦にとってはそれが一番良い家なんですよね。

生活を楽しむことを目的にすると、そういう家になります。
夢を実現させる家づくりをしてくださいね(*^O^*)
そうすれば、毎日楽しく暮らせ、充実した生活を送れますよ♬

次回は4つ目です。
お楽しみに(・ω・)★
薪ストーブが似合う木の家【内観①】.jpg


失敗しない住まいづくりの秘訣2つ目!

こんにちは(・ω・)松永建設です!

今日は、失敗しない家づくりの為の秘訣二つ目です。
2つ目は、計画を建てるということです。
もちろん、家づくりを考える時、計画は立てています。
でも多くの場合、家が建つまでの事しか考えません。
それは短命的な計画です。

しかし、実際に住み始めると、5年も経てばメンテナンスが必要になってきます。
5年といえば、すぐです!
そして10年も経てば水周りなどある程度費用のかかるメンテナンスが発生してきます。

だから、短命的な計画だけでなく中期的な計画を立てることが必要です。
要するに、リフォームやメンテナンスにかかる費用も計算しておかないといけないんです(>_<)

さらにもう一つ、長期的な計画を立てるべき事があります。
30年も経つと、大規模なリフォームや建て替えが必要になってきますよね。
それらを全て考慮して家を建てないと、後で損する事になります。

だから、住まいづくりで失敗しない為の重要な要素は、綿密な計画を立てることです。
特に、中期的、長期的な事を考えて計画を立てるべきですね( ^o^)ノ

ところで、時々聞かれる事があります。
「いつ建てるのが一番良いんでしょうか?」という質問です。
それは、その人の置かれている状況によります。

しかし、私の答えは2つに1つです。

子供を中心に考えているのなら、今すぐ!

夫婦中心なら、子供が巣立ってから建てる。

そして、それを決めるのはご本人達です!とアドバイスをしています。

先延ばしにしていると、子供と一緒に過ごす時間が年々少なくなっていきます。
だから、子供中心なら今すぐ建てた方がいいんです。
しかし、あと2~3年で子供が居なくなるのであれば、待った方がいいと思います。
2人だけの家なら同じ予算で、小さくても豪華な家が建てられます。

つまり、家は今建てるか、夫婦2人になってから建てるかのどちらかです。
私の知り合いには、60歳を過ぎてから夫婦だけの家を新築した人が居ます。

なぜなら、お金を残してもしょうが無い。
老い先が短いからこそ、いい家に住み、そこで死にたいと。
そういう家づくりもあります。

では、次回は三つ目をお話しますね\(^_^)/お楽しみに★
憧れのレトロモダンスタイルの家【外観】.jpg

失敗しない住まいづくりの秘訣

皆さんこんにちは(・ω・)松永建設です!

今回から、住まいづくりで失敗しない為の秘訣

・不動産価値を考えて家づくりをすること。
・短期的な計画だけで無く中長期的計画も立てること。
・家づくりの目的を明確にすること。
・確かな情報を取り入れること。
・相談相手を間違わないこと。
以上の5つをお話ししていきます( ^o^)ノ

まず一つ目は、不動産です。

不動産ですから、それは財産。
財産と言うことは、経済価値のあるものですよね。
では、もしその不動産である家がお金に換金できないとしたら、それはもう不動産とは呼べない訳です。
もし買い手がつかない家、それは不動産ではないんです。
不動産は、お金に換えられないとなると、財産ではありません。

そもそも、不動産の価値は需要と供給のバランスで値段が決まります。
誰もが欲しいところは当然高くなるし、欲しくないところは安くなる。
中には、タダでもいらないという不動産もあるわけです。
不動産に対する価値観は人それぞれです。

もし、不動産価値はなくても良いのなら、どこにどんな建物を建てても問題ありません。
でも、子孫に財産として残したいのであれば、不動産価値は重要です。

では、そのために何を考えないといけないのでしょう?

不動産価値を考え、もし土地から取得するのであれば、まず利便性ですね!
なぜなら、生活の便が良くないと買い手が付きにくいからです。
買い手が少ないということは、価値が低いと言うこと。

次に建物ですが、まずは耐久性ですね!
プレハブ型の家でしたら、寿命が25~26年といわれています。
そういう家だと、中々買い手がつかない・・・
だから、資産価値はゼロです。
取り壊しの費用を差し引かれるのでむしろマイナス査定になります。

そして、家の価値を左右するのはデザインです!
自分勝手な好みの家にすると、中々買い手が付きません。
ですから、不動産価値を考えるなら、50年100年経っても色あせないデザインにしてくださいね(*^O^*)

これを、クラシックデザインと言います。
日本で言うと奇数屋建築のような建物です。
200年経っても古臭くないデザインですから、価値があるわけです。
あまり凝ったデザインにしないことが不動産価値を高めることになります。

不動産価値を求めるなら、土地は値段だけで決めないことです。
その土地の需要がどれほどあるかを考えて決めて下さい。
高くても買うべき土地もあるし、安くても買ってはいけない土地もあるわけです。

考慮すべき点の1つ目でした。
次回は2つ目をお話ししますね\(^_^)/おたのしみに★
憧れのレトロモダンスタイルの家【内観②】.jpg

建物本体以外にかかる費用について

皆さんこんにちは(・ω・)松永建設です!

前回は、本体以外にかかる費用の話でした。
今日はその続きです。

実際にかかる費用はハウスメーカーと言われるところで、建物本体価格が全体の75%ぐらいですから、余分に25%みておかないと、実際には生活できません。

地元の工務店が大体85%・・
だから、余分にかかる費用は15%で良いわけです。

それから、坪25万円とか言ってるところは、本体価格の割合が非常に低く、約65%ですから、35%余分にみておかないといけません。

実際、坪25万円でも最終的には坪40万円になっています。
それは、本体価格の中には最低限のものしか含まれてないからです。

最低限のものとは、例えばキッチンやバスタブが付いてなくても、家としての許可はおります。
極端な例ですが、何にもない状態でも坪単価を言えるんです(゚Д゚)

本体価格の中に含まれているものが違っているそれぞれを、同じ土俵で比べられないんです。

なので、単純に坪単価だけで判断すると、総額で高くなる場合が多いです。

もし、金額で比べるのであれば『住める状態にしていくらですか?』と聞いて下さい。

ざっくり、本体価格の割合は、ローコスト65、ハウスメーカー75、工務店85と覚えて下さい。

それから、建物本体以外にかかると言えば、税金ですね。

これには、ローンの手続きも含めて約100万円くらい必要です。

多くの人は、坪単価に坪数をかけて、建築費を計算します。

それで実際より安く見積ります。
しかし、約400~500万円は余分にかかります。
坪数×坪単価に400~500万円を足したものが建築予算です。

だから、本体価格以外の費用をみてないと資金が足りなくなってくるわけです。

これで資金計画の話は終わりです。

次回からは、住まいづくりで失敗しないための秘訣についてお話しします♬
お楽しみに(*^O^*)憧れのレトロモダンスタイルの家【内観①】.jpg

保険の見直しについて

こんにちは(・ω・)松永建設です!

前回は見直して欲しいもの2つ目までお話しました。
今日はその3つ目です。

3つ目見直し。
これが一番大きいんですけども、生命保険の見直しです。
皆様1つは入ってる方多いと思います。

生命保険を見直すべきなのはなぜか?

少し前に、住宅ローンを組む時には生命保険に入らされるというお話をしたと思います。
ということは、すでに生命保険に入っているなら余分に余るということになります。

生命保険は必要な額だけあれば十分です!
これが、保険を見直す理由の一つです。

生命保険を見直す2つ目の理由は保証内容です。
多くの場合、保証は一定にしています。
60歳まで死亡保障は一定。
しかし、残された家族に必要なお金です。
必要な金額は年とともに減っていきます。

だから、これを見直すことによって、毎月の支払額を少なくできます。
もし、その分を住宅ローンにまわすなら、住宅ローンの支払いが楽になるんじゃないでしょうか?
と言うことで、住宅ローンを借りるときは、今入っている生命保険を見直してください(^_^)

ここでおさらいです!
1,家計の見直し
2,ローンの見直し
3,保険の見直し

これで数百万節約できるかもしれません!
そのためにも、是非見直しをしてみてくださいね( ^o^)ノ

では次に、建物本体以外にかかる費用の話をします。
どの住宅メーカーも、『建物本体価格〇〇〇〇万円、坪□□□万円』って言います。

では、この建物本体価格だけで、生活が出来るような家になるのか?

と言うと、決してそうではありません。
車も車両本体価格だけでは道路を走れません。
税金や付属品、またガソリンを入れないと走れませんよね。

建物も一緒です。
建物本体価格以外にかかる費用があります。

続きは次回お話しますね(*^O^*)お楽しみに♬
木のぬくもりと光に包まれる家【外観】.jpg